現在までの膨大な研究の結果

塩分と脂肪の摂取過多は避けて無理しない程度の運動に尽力するだけでなく、ストレスの多すぎないような日常生活を続けることが狭心症を起こす動脈硬化を未然に防止する方法です。

BMI(体重指数を求める計算式はどこの国も一緒ですが、BMI値の位置づけは国によってそれぞれ少しずつ違っていて、(社)日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI値22が標準体重、BMI25以上は肥満、18.5未満だと低体重と定義付けています。

冠動脈の異常である狭心症(angina pectoris)の外科手術としては大方の病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP)」とグラフトを用いる「冠動脈大動脈バイパス術(CABG)」という2つの異なる手術の方法がよくおこなわれています。

現在、比較的若い世代で咳が続く結核(けっかく)に立ち向かう免疫、すなわち抵抗力を保有しない人達が増加したことや、受診の遅れによる集団感染や院内感染が増加傾向にあります。

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)を保有する血液、精液をはじめ、女性の腟分泌液、母乳といったあらゆる体液が、交渉相手等の傷口や粘膜部分等に接触した場合、HIV感染のリスクが高くなります。

環状紅斑(かんじょうこうはん)とは何かというと環状、要するに円い形をした紅色の発疹や薄皮が剥ける鱗屑(りんせつ)など、皮ふの病気の総合的な病名ですが、病因は本当に多種多様だということができます。

V.D.は、カルシウムが吸収される行程を補助する特徴で広く知られており、血液中のカルシウム濃度を微調整し、筋肉の動き方を適切に調整したり、骨を生成します。

ブラッシングで、高齢者が猫をとても愛おしいと感じることで「愛情のホルモン」とも言われているオキトキシンが分泌された結果、ストレスを低減したりヒーリングに繋がっています。

内臓が脂肪過多になっている肥満があり、脂質過多(ししつかた)、「血圧(blood pressure)」、高血糖の中で2~3項目合致する健康状態を、メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)というのです。

日本における結核対策は、昭和26年に施行された「結核予防法」に準ずる形で進められてきましたが、平成19年から違う感染症とまとめて「感染症予防法」に沿って実行されることになったのです。

「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓に脂質やコレステロールが蓄積した状態の脂肪肝(fatty liver)は、糖尿病に始まる色んな生活習慣病の合併症の因子となる恐れがあることをご存知でしょうか。

メタボリックシンドロームとは言われなくても、内臓脂肪が多く付着しやすい型の悪質な肥満を持つということで、複数の生活習慣病を発症しやすくなります。

収縮期血圧140以上の高血圧が長期間続くと、血管に強い負荷がかかった結果、頭の先から足の先まで様々な血管にトラブルが発生して、合併症を起こす率が高まると言われています。

虚血性心疾患の心筋梗塞というものは心臓の周りを取り囲んでいる冠動脈の動脈硬化により血管内が狭くなって、血流が途切れ、酸素や色々な栄養を心筋に送ることができず、筋細胞そのものが機能しなくなるという大変深刻な病気です。

花粉症というものは、杉やヒノキ、ブタクサなどの決まった時期に飛散する花粉が原因物質となって、くしゃみ・目のかゆみ・頭重感・喉の痛み・鼻詰まり・鼻水などの辛いアレルギー症状を起こしてしまう病気として認識されています。

基礎代謝(きそたいしゃ)というのは人間が動かずにじっとしていても使用する熱量のことであり、大半を全身の骨格筋・臓器の中で一番大きな肝臓・脳の3つで消費しているということです。

HIV、つまりエイズウイルスを保有した血液、精液をはじめ、女性の母乳、腟分泌液などのあらゆる体液が、交渉相手などの粘膜部分や傷口等に触れることにより、感染するリスクが高くなるのです。

薬、アルコール、合成発色剤を始めとした食品の添加物などを酵素で分解して無毒化する作用の事を解毒といい、肝臓の担う代表的な機能のひとつなのです。

年齢を重ねることが原因の耳の聞こえにくさではじわじわと聴力が低くなっていきますが、大体において60歳を超えないと聴力の減退をなかなか認識できません。

耳の内部構造は、大きく「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3つに分けることができますが、この中耳の辺りに黴菌やウィルスがくっ付いて発赤等の炎症が起きたり、液体が溜まる病気を中耳炎と称しています。

吐血と喀血は口から血を吐くことですが、喀血というものは咽頭から肺に達している気道(きどう)から出血する状態で、吐血は無腸間膜小腸よりも上の消化管から出血する症状のことを示しています。

グラスファイバーで製造されたギプスは、大変強くて軽量で着け心地が良い上に耐久性があり、濡らしてもふやけずに使えるというメリットがあるため、今のギプスの王道です。

30才から39才までの間に更年期になるなら、医学的な用語では「早発閉経(そうはつへいけい)」という女性疾患のことを指します(この国においては40歳未満の女の人が閉経してしまうケースを「早期閉経(premature menopause)」と定義付けています)。

環状紅斑(かんじょうこうはん)というのは環状、要はまるい形状をした赤い色の発疹など、皮膚のトラブルの総合的な名前であり、理由は非常に様々だといえます。

日本人にも多く見られるようになった逆流性食道炎は、3~4日くらいちゃんとお薬を飲めば、大抵、9割近くの患者さんの自覚症状は消えてなくなりますが、イコール食道の粘膜の炎症自体が快癒したとは断言できないので注意が必要です。

体を維持するのに必要なエネルギーの源として瞬時に役立つ糖質、人の新陳代謝に必要な蛋白質など、激しいダイエットではこうした体調を整えるために欠かせない要素までもを欠乏させてしまっている。

くしゃみに鼻みず、鼻づまりや目の痒み・ゴロゴロするような感じなどの花粉症の代表的な症状は、アレルギーを誘発する花粉の放出された量に比例したように悪くなってしまう性質があると言われています。

不整脈である期外収縮の場合、健康体にも出現することがあるためさほど珍しい重病ではないといわれていますが、例外として発作が次々と起こるケースは危険な状態です。

めまいは起こらないのに、不快な耳鳴りと難聴を幾度も発症するタイプのことを区分けして「蝸牛(カタツムリ)型メヌエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」という場合もあるのです。

高熱が出る季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、現在までの膨大な研究の結果、ワクチンの効果が見込まれるのは、ワクチン接種した2週間後から150日程度だろうと考えられているようです。

続きはこちら⇒ベジセーフの危険性さえやりません