自律神経のバランスの調節や痛みを抑制

現代の病院のオペ室には、W.C.や専用の器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を設置し、オペ中に撮影するためのX線装置を用意するか、側にレントゲン撮影用の専門室を作るのが常識である。

ともすると「ストレス」というものは、「なくさなければいけない」「除外すべき」と断定しがちですが、その実、我々は大なり小なりのストレスを抱えるからこそ、生きていくことが可能になっているのです。

よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化によって血液の通り道である血管の内腔が狭まってしまって、血液の流れが停止し、大事な酸素や栄養が心筋まで送られず、筋肉細胞そのものが機能しなくなるという危険な病気です。

内臓脂肪型の肥満と診断され、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多」、「血圧(blood pressure)」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」のうち2個以上に合致する事例のことを、メタボリックシンドローム、またの名を「死の四重奏」と呼ぶのです。

「肝機能の悪化」は、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)等3種類の値によって分かりますが、ここ最近では肝機能が減衰している方々が明らかに増加傾向にあるとの報告がありました。

栄養バランスの優れた食事を1日3回とることや運動は当然のことですが、ヘルスアップや美を目的とし、目当ての栄養を補うために様々なサプリメントを服用する事がまったく珍しくなくなったようです。

ポリフェノールで最も有名な特徴はL-アスコルビン酸(ビタミンC)やV.E.(ビタミンE)などとは異なって、細胞と細胞の間の水溶性部分に脂溶性部分、そして細胞膜でも酸化を予防する効果に優れているのです。

乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長きに渡って採用されてきた生ワクチンに変わり、平成24年9月1日から原則無料で受けることのできる定期接種となるので、集団接種ではなくクリニックなどの医療機関で注射するスケジュール管理の必要な個別接種という扱いに変更されました。

エイズとはヒト免疫不全ウイルス(HIV=human immunodeficiency virus)の感染が原因となって引き起こされるウイルス感染症の病名で、免疫不全に至り些細な病原体による日和見感染や悪性腫瘍等を複数併発する症候群そのものの事を総称しています。

下腹部の疼痛をよく起こす主な病気には、大腸に憩室が多発する大腸憩室症、腎や尿管などの尿路結石症、原因不明の難病である潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症や穿孔が起こる急性腹膜炎、子宮の病気などが真っ先に挙げられるようです。

鍼を気になる所に刺してもらう、という物体的な程よい無数の刺激は、神経細胞を活性化し、神経インパルスと言われる要は電気信号の伝達を誘引すると考えられているのです。

緊張性頭痛とはデスクワークなどでの肩こりや首の凝りが誘因の最も多いタイプの頭痛で、「ギューっと締め付けられるような強い痛み」「ドーンと重苦しいような耐え難い頭痛と表現されることが多いようです。

体重過多に陥っている肥満は当たり前のことながら摂取する食物の栄養バランスや運動不足などが誘因ですが、内容量の変わらない食事であっても、あっというまに食べ終わる「早食い」を日常化することにより肥満(obesity)の状態を招きやすくなると言われています。

グラスファイバーで作製されたギプスは、丈夫で軽い上に耐久性があり、濡らしても壊れずに使えるというメリットがあるため、現在用いられるギプスの定番製品だと言っても過言ではありません。

アミノ酸の一つグルタチオン(Glutathione-SH)は、細胞の機能を低下させたり変異を誘引する悪影響を及ぼす物質を体の内部で解毒し、肝臓のパワーを強める特長が明らかになっているのです。

虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科的な措置では大体「大動脈内バルーンパンピング(IABP)」もしくは「冠動脈大動脈(かんどうみゃくだいどうみゃく)バイパス移植術」の2つの異なる手段が活発に扱われています。

肥満というのは当然栄養バランスや食生活の質、運動不足が因子になっていますが、量の変わらない食事をとっていても、かきこむように食べ終わる早食いを日常化することにより肥満(obesity)の状態を招く可能性があります。

基礎代謝というものは人間が何もしていなくても燃えてしまうエネルギー量であり、半分以上を全身の様々な筋肉・臓器の中で最も大きな肝臓・多量の糖質を消費する脳で消費すると言われているようです。

亜鉛は、遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に関わっている酵素や、細胞もしくは組織の代謝機能に関係している酵素など、200種類以上もの酵素を構築する要素としてなくてはならないミネラルの一種です。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)とは皮脂分泌の異常が要因で出る湿疹で、分泌が乱れる要因として男性ホルモンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンのバランスの乱れやナイアシンなどビタミンBコンプレックスの慢性的な不足などが大きいと考えられているのです。

70代以上のお年寄りや持病のある人などは、一際肺炎に罹りやすく完治までに時間がかかる傾向にあるので、常日頃から予防する意識やスピーディな手当が重要だといえます。

1回永久歯の表面を保護しているエナメル質を減らすまでに酷くなってしまった歯周病は、あわよくば症状そのものが落ち着いたとしても、なくなった骨が元の量に再建されるようなことはないでしょう。

トコトリエノールの働きは酸化を遅らせる機能がおそらく一番認知されていますが、これ以外にも肌をきれいにする効果や、血清コレステロールの生成を抑制したりするというようなことが確認されています。

自転車の転倒事故や作業現場での転落など、強大な負荷がかかった場合は、複数個所に骨折が発生してしまったり、複雑骨折となったり、他の内臓が損傷することもままあります。

HIV(human immunodeficiency virus)を持つ血液、精液を始め、母乳や腟分泌液といったあらゆる体液が、交渉相手や乳飲み子などの粘膜や傷口に接触すると、HIV感染のリスクがあります。

高熱が出る季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、これまでの膨大な研究結果として、ワクチンの予防接種効果を予想できるのは、ワクチン接種日の2週間後から約150日程だろうということが判明しています。

気分障害の一種であるうつ病は副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が不足した結果、不眠、強い憂うつ感、著しい倦怠感、疲労感、食欲低下、5kg以上の体重減少、強い焦燥感、極端な意欲の低下、希死念慮、そして重症の場合自殺企図など様々な症状が心身に現れます。

植物の中に存在する化学物質、フィトケミカルのひとつのスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれている揮発性の物質について、肝臓が持つ解毒酵素の円滑な創造活動を助けているかもしれないという新たな事実が見えてきたのです。

5-HT(セロトニン)神経は、自律神経のバランスの調節や痛みを抑制し、器官の覚醒などを操っていて、大うつ病(単極性気分障害)の方では作用が落ちていることが科学的に判明している。

強い痛みを伴うヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」といい、背骨と背骨の間に存在してクッションのような役目を担っている椎間板(ツイカンバン)という名称のやわらかい円形の組織がはみ出た状態を称します。

詳しく調べたい方はこちら⇒靴リネットは悪評が覚めている