幼い子どもによくみられる病気です。

アメリカやヨーロッパにおいては、新しく開発された薬の特許が満了してから約1ヶ月後には、製薬市場の8割がジェネリック(後発医薬品)に取って代わるという飲み薬もあるほど、後発医薬品は先進国で採用されているのです。

結核への対策は、長年、1951年に施行された「結核予防法」に沿う形でおこなわれてきましたが、56年後の平成19年から結核以外の感染症とひとくくりにして「感染症法」という名の法律に基づいて行われることに決定しました。

チェルノブイリ原子力発電所の事故に関する数十年に及ぶ後追い調査の結果において、成人に比べて体の小さな子供のほうが飛来した放射能の深刻な影響をより受けやすいことが理解できます。

明るくない場所では光不足のためものが見づらくなりますが、さらに瞳孔が開いてしまうため、目の水晶体のピントを合わせるのに余計なパワーが消費されてしまい、結果的に日の差す所で物を眺めるよりも疲れるのが早くなるのです。

「体脂肪率(percent of body fat )」というのは、身体の中の脂肪が占有するパーセンテージのことで、「体脂肪率(percent of body fat)=体脂肪の量(キロ)÷体重(body weight)×100」という計算式によって弾きだせます。

前立腺という生殖器は活動や成長にアンドロゲンが大きく関わっており、前立腺のガンも同様に、雄性ホルモンの機能によって肥大化します。

心筋梗塞というものは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化によって血液の通り道である血管の内腔が細くなってしまい、血流が途絶え、栄養や酸素が心筋まで届かず、筋肉細胞自体が壊死する大変危険な病気です。

汗疱とは主に手の平や足の裏又は指の間などにプツプツとしたちっちゃな水疱が出る症状で、通称汗疹(あせも)と呼び、足の裏に出てくると水虫と混同されるケースもままあります。

季節性インフルエンザのワクチンでは、現在までの膨大な研究結果から、ワクチンの効能が見込まれるのは、接種日の14日後くらいから約5カ月間くらいだろうということが明らかになりました。

ダイエット目的で1日の総カロリーを抑制する、食事を抜く、といった暮らしを続けると結果的に必要な栄養までもを不足させ、深刻な四肢の冷えを招くことは、盛んに問題視されていることなのです。

食中毒の原因にもなるブドウ球菌(英:staphylococcus)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌で、毒素が極めて強い黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus)と毒素の微弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2つに分けられるのです。

人の耳の構造は、大きく「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3か所に大別されますが、この中耳に様々なばい菌やウィルスなどが感染することで炎症になったり、体液が溜まる病を中耳炎と言います。

「肝臓の機能の低下」については、血液検査項目のASTやALT、γ-GTP等の数値によって診ることができますが、ここ2、3年肝機能が減衰している人が徐々に増加傾向にあるということが判明しています。

なんとなく「ストレス」は、「消すべき」「排除しなければいけない」と断定しがちですが、本当は、私達はこうしたストレスを感じているからこそ、活動し続けることが可能になるのです。

3つのアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione-SH)には、細胞の機能を鈍くしたり突然変異を招く人体に悪影響を及ぼす物質を体の内側で解毒し、肝臓の性能をより強める能力が確認されているのです。

肥満(obesity)は勿論摂取する食物の栄養バランスや運動不足などが誘因ですが、同量のごはんであっても、かきこむように食べ終わる早食いを続ければ肥満(obesity)を招きやすくなると言われています。

吐血と喀血は両方とも口腔からの出血ですが、喀血は咽頭から肺を通っている気道(きどう)から出血する症状で、吐血というのは十二指腸より上にある消化管から血が出る病状を表します。

めまいは無いのに、強い耳鳴りと低音域の難聴の症状だけを幾度も発症するタイプのことを区別して「蝸牛(カタツムリ)型メニエル病」という呼称で呼ぶケースがあるようです。

5-HT(セロトニン)神経は、自律神経を整えたり痛みの制御、色々な覚醒などを操っていて、鬱病の患者ではその力が低下していることが証明されている。

ポリフェノールに代表されるフィトケミカルの一種のイソチオシアネート類のスルフォラファンという有機硫黄化合物について、肝臓から分泌されている解毒酵素の順調な製造活動を支えているかもしれないという新たな事実がわかりました。

春に患者が増える花粉症とは、多く植えられているスギやヒノキ、マツなどの決まった時期に飛散する花粉が誘因となって、くしゃみ・頭重感・喉の痛み・鼻水などの多様なアレルギー症状を示す病気として知られています。

赤ちゃんが受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長きに渡って採用されてきた生ワクチンに平成24年9月より任意接種ではなく定期接種病院などの医療機関で接種するという個別接種という形に変更されています。

エイズ(AIDS)はヒト免疫不全ウイルス、すなわちHIVの感染が原因となって罹患するウイルス感染症の事であって、免疫不全に至り些細な病原体による日和見感染やガン等を発症する病状を指しているのです。

胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、4日前後きちんとお薬を飲めば、普通、90%近くの患者さんの自覚症状は良くなりますが、かといって食道粘膜の炎症自体が癒えたとは断言できないので注意が必要です。

骨折してたくさん出血した際、低血圧になってめまいやふらつき、冷や汗、吐き気、意識喪失などのいろんな脳貧血の症状が引き起こされる場合があります。

急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、一番多い中耳炎で幼い子どもによくみられる病気です。強い耳痛や熱、ひどい鼓膜の炎症、耳漏(じろう)など多岐に渡る症状がみられます。

消化器科で診てもらう急性腸炎(acute enteritis)は、ほとんどの場合腹痛・吐き気・嘔吐・腹下しの症状がみられる位で済みますが、細菌感染が原因の場合は強い腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・水下痢の他に高熱も出るのが通例です。

ちょっとした捻挫だと決め込んで、包帯やテーピングテープなどで患部を固定し、様子をみるよりも、応急処置を施した後一刻も早く整形外科の医師に診てもらうことが、快癒への近道になるのです。

ほぼ100%に近い割合で水虫イコール足、特に足の裏や指の間に発症する病気として知られていますが、白癬菌が感染する所は足だけに留まらず、全身どこにでもうつってしまうという危険性があるので気を付けましょう。

現在のオペ室には、御手洗いや器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を作り、オペ中に撮影できるX線装置を備え付けるか、側にX線装置のための専門室を備えるのが一般的である。

もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>はははのは 嘘